スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即効SEO 7日で10位以内

熾烈な争いの競合キーワード(メジャーキーワード)で、上位表示させるためにはお金を賭けるしかありません。賭け先はブログ広告(クチコミ広告)です。本来ブログ広告とは、広告代理店がブロガーに報酬を支払うことにより、製品やサービスのいわゆるチョウチン記事を書いて宣伝してもらうことです。一見SEO対策とは直接関係なさそうなのですが、キーワードリンクをすることで強力な武器となります。

例えば、私がこのmkgサイトで「mkg」というキーワードを検索エンジン上で上位表示させるとしたら、多くのブロガーの記事上で何らかの「mkg」に関することを最低200文字以上紹介してもらいます。

※注「mkg」はメジャーキーワードではありません。レンタルサーバーやSEOなどはメジャーキーワードです。

そしてその記事中に含まれる「mkg」という語句でmkgサイトへリンクしてもらいます。つまり、mkgをクリックすると上位表示させたいURLにジャンプされるようにするのです。

私はこのブログ広告を利用し、何をやっても100位圏外だったキーワードを広告掲載7日後に10位以内にしたことがあります。掲載ブログ件数は600件のみで掲載料は約30万でした。掲載を半月位から徐々に効力は落ちてきますが、約3ヵ月は有効と考えられます。常に3位以内に表示されるライバル会社を探ったところ、そこは毎月最低1000ブログ以上を掲載していました。


危惧するポイントは、Googleが以下のように有料リンクを禁止している点です。

自身のサイトへの有料リンクという形で PageRankを「買おう」とするサイト所有者もいます。リンクの購入による PageRank の向上は、Google の 品質に関するガイドラインに違反します。...

有料リンクを Google に報告する必要があるのはなぜですか


ギャンブルなのはこの事です。ブログ広告が有料リンクと見なされるとしたら、最悪な場合、お金はかけたけど上位表示もせず、寧ろ何らかのペナルティが科せられるかもしれません。

しかしながら競合するキーワードを本気で上位表示させようとするなら、本にかかれているような一般的な方法だけでは無理です。それらの方法は競合しないマイナーキーワード用と考えるべきです。


追記2009-04-12
このブログ広告・クチコミ広告はPPP広告(ペイパーポスト広告)と呼ばれています。Googleはこの手の有料リンク購買サイトに対してペナルティを強く行うようです。皮肉な事にPPP広告を出した日本のグーグルに対してペナルティが適用され、ページランクが5に落ちたと噂されています。

スポンサーサイト

有効無効ブックマーク

最近の検索エンジンはrel="nofollow"(リンク価値を無効とする)を厳密化する傾向があるように感じられます。そこで主なソーシャルブックマークのSEO(Google PageRank)有効性を調べてみました。調査ツールとして「Su-Jine ページ内リンク数チェックツール」を用いましたが、必要に応じてページソースを視認しました。あまり効果のない無駄なブックマーク登録を回避することに役立ててください。

尚、調査ページは実際に私が利用しているページで、且つ1ページ当りの表示数を最小限に設定してあります。ページランクの観点からは、1ページ当りの外部内部の合計リンクが100以内が良いとされています。もちろん少ないほど良いわけですが、多くともサイトパワーが強力なら意味があると思われます。


有効と思われる

FC2ブックマーク【直リンクタイプ
リンクが 246 件あります。その内、内部リンクが 215 件、外部リンクが 31 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 0 件あります。

gooブックマーク【直リンクタイプ】
リンクが 124 件あります。その内、内部リンクが 74 件、外部リンクが 50 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 0 件あります。

YAHOO!ブックマーク【否直リンクタイプ】
リンクが 216 件あります。その内、内部リンクが 165 件、外部リンクが 51 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 0 件あります。
※YAHOO!検索にも有効だと思われます。

はてなブックマーク【直リンクタイプ】
リンクが 68 件あります。その内、内部リンクが 56 件、外部リンクが 12 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 15 件あります。
※ただしソース上でnofollowを確認できず。

イザ!ブックマーク【直リンクタイプ】
リンクが 128 件あります。その内、内部リンクが 54 件、外部リンクが 74 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 0 件あります。

その他ブックマーク
Googleブックマークはソーシャルではないが、Google検索に有効だと思われる。


無効と思われる(効果薄い)

livedoorクリップ【直リンクタイプ】
リンクが 369 件あります。その内、内部リンクが 298 件、外部リンクが 71 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 41 件あります。
※外部リンクの全てがrel="nofollow"処理されている。

@niftyクリップ【直リンクタイプ】
リンクが 106 件あります。その内、内部リンクが 87 件、外部リンクが 19 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 12 件あります。
※登録時の自HPURL以外の外部リンク全てがrel="nofollow"処理されている。BETA版ということもありシステムが不完全で挙動不審な動作も見受けられる。

Buzzurlソーシャルブックマーク【直リンクタイプ】
リンクが 195 件あります。その内、内部リンクが 168 件、外部リンクが 27 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 158 件あります。
meta name="ROBOTS" content="NOINDEX, NOFOLLOW, NOARCHIVE"
※外部リンクの全てがrel="nofollow"処理されている。また上記メタタグによりインデックすら認めていない。

MyAsk公開フォルダ【直リンクタイプ】
リンクが 11 件あります。その内、内部リンクが 2 件、外部リンクが 9 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 0 件あります。
※ツールでデータを不完全にしか取得できない。決してページランクが付くことはない。Ask検索に有効性があるのかは不明。

Bookmarks on Delicious【直リンクタイプ】
リンクが 64 件あります。その内、内部リンクが 58 件、外部リンクが 6 件です。また、rel="nofollow" によるリンクが 23 件あります。
meta name="robots" content="noarchive,noindex,nofollow"
※外部リンクの全てがrel="nofollow"処理されている。また上記メタタグによりインデックすら認めていない。

にほんブログ村 関連キーワード

にほんブログ村のマイページを探るうちに気づいたのですが、「関連キーワード設定」という項目が表示されています。

『関連キーワード設定 ←マイページとプロフィールページに表示するキーワードを変更できます 』

クリックすると年月ごとに各ブログ記事に関する関連キーワード候補が表示されます。

『変更・削除キーワードの指定』
『チェックボックスにチェックを入れることで表示したいキーワードを最大3つまで指定できます。』

ここでポイントなのですが、過去記事については多くの場合未設定となっています。以下のような赤文字文が表示されています。

『この記事の関連キーワードは未取得、または存在しません。記事内容によっては関連キーワードが取得されない場合もございます。』

そこで『再取得』をクリックして取得対象にする必要があります。

『関連キーワードを取得中です。しばらくたってから再アクセスしてください。』
『関連キーワードを取得対象にしました。 』

すぐには反映されないので、最初の作業は過去に遡りながら『再取得』をクリックしまくることです。反映に必要な時間はわかりませんが、遅くても翌日には反映されると思われます。反映されたら表示されたものから任意のキーワードを選択するようにします。


では、その効果は...

「エニグマ」という関連キーワードがあるとしたら、それ専用のページ「エニグマ ブログ記事一覧 - にほんブログ村キーワード」が既に作成されています。

 http://keyword.blogmura.com/key00030776.html

下部に「エニグマを含むメンバー」という欄があり、そこにランキングのように自サイト紹介が表示されます。動的ではありますが、多数の被リンクを得られるメリットがありますし、また自分のプロフィールへのリンクを得られページランク向上に貢献することにもなります。

プロフィールページにはURLを記載することが可能ですので、自サイトURLを記載しておけば、良質の静的リンク(直リンク)を獲られることとなります。

Sitemap Ping Service

SEO対策の一つとして、Google Yahoo! MSN Askの各サーチエンジンにサイトマップのHTTPリクエストを送信します。インターネットブラウザに各URLを記入しリターンキーを押します。結果が「」内容で表示されれば成功です。

たとえば、サイトマップをhttp://www.example.com/sitemap.xmlにおいた場合は、それぞれ以下のようになります。尚、/ping?sitemap=より後の文字列について、URLのエンコード処理を行います。


Google
http://www.google.com/webmasters/sitemaps/ping?sitemap=http%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fsitemap.xml
結果表示「送信されたサイトマップを受信しました」

Yahoo!
http://search.yahooapis.com/SiteExplorerService/V1/ping?sitemap=http%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fsitemap.xml
結果表示「Update notification has successfully submitted.」

Bing (MSN/Live Search)
http://www.bing.com/webmaster/ping.aspx?siteMap=http%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fsitemap.xml
結果表示「Thanks for submitting your sitemap.」

Ask
http://submissions.ask.com/ping?sitemap=http%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fsitemap.xml
結果表示「Your Sitemap submission was successful」


Ask以外のサーチエンジンでは、事前に各サーチエンジン提供のツール(ウェブマスターツールなど)で登録しておくようにします。

これらのHTTPリクエストは、基本的にサイトマップが更新した場合に毎回行います。手軽で良いのですが、提供ツール上で行った方がより確実です。


以下は、URLエンコード処理のための推奨サイトです。URLを入力してエンコードとUTF-8を選択し実行するとうまくいくようです。

けんどもネット URLエンコード/デコードフォーム
URL エンコード/デコードフォーム 2

お気に入りブログ効果

個人ブログでPageRank5のブログを探求していると、あるおかしな事に気がつきました。たどり着く先は、妙にYahoo!ブログが多いのです。そして理由が判明しました。

Yahoo!ブログには、「お気に入りブログ」を表示する機能が備わっており、トップページはもちろんのこと、全ページに設置表示することが可能となっています。折りたたむことが可能なため、デザインに損なうこともありません。

通常は10から30の外部リンクを設定しているところが多かったですが、中には200も外部リンクしているブログもありました。そして、リンク形式はSEO対策上最も効果が高い直リンク(cgi等を用いない単純なリンク)です。そして「お気に入りブログ」を互いに登録し合うことで相互リンクがなされ、それがグループやコミュニティ単位となると膨大なリンク畑が形成されることになります。

リンク畑?と表現したのは一歩誤ると、SEO対策上スパムと見なされるリンクファームとなるからです。もちろんYahoo!がそんなわけありません。単にリンクコミュニティが広がるような機能を提供しているだけです。しかし効果はかつてのリンクファームを上回るものでしょう。

Yahoo!ブログ以外にも似たような機能を提供しているプロバイダはありますし、単体機能として提供している会社もあります。しかし、直リンクを採用していなかったり、設置ブログ上ではなく、独自提供プロフィール上での展開のみだったりと効果がない場合が多いのです。

また、Yahoo!ブログと同じ機能を提供していたとしても「類とも」がうまく形成されず、効果が半減しているところもあるようです。つまり1対1の線的な関係は築けても、グループの面的な関係は築けない仕組みを提供しているのです。

さてPageRank傾向ですが、「お気に入りブログ」で200登録しているブログのトップページは4でしたが、トップページ以外のページはランク外から2程度までと低い特徴がありました。

「お気に入りブログ」で10登録しながら、多くのブログからお気に入り登録されているブログは、トップページが5でトップページ以外のページも4から3が多い傾向がありました。Yahoo!検索で被リンク数を調べてみるとなんと25万件を超えていました。そして登録された10ブログを見てみると概ね4と高評価を得ていました。

仕組みがわかったところで、今度は大元のPageRank供給源についてです。それは準アダルトブログでした。アダルトではないにしても、女性がややセクシーな内容を日記に書いていくというスタイルです。本当に女性かどうかはミステリアスですが、こういうサイトはリンクされやすく、閲覧数も多く、PageRankポイントも多く貯蓄されているわけです。

アダルトならいろんな意味で排除されますから、この準アダルトであるということがポイントです。このような供給源が2個3個とリンクコミュニティに存在すれば、PageRankが高配当されやすくなります。

配分という見地からいうなら、もう一つ大切な手法があります。それは、「rel="nofollow"」を効果的に使用することです。rel="nofollow"の指定されたリンクのURLは、PageRankなどの評価に反映されないというものです。

もし、サイトトップからの各構成ページへのリンクを全てrel="nofollow"を用い、逆にトップページへのリンクには用いないとするなら、トップページのPageRankだけが高くなることでしょう。現にアフィリエイトやアクセスアップの技法を中心の、あるブログではサイトトップがPageRank5と高評価なのに対し、中の記事の評価はランク外か2程度までと5の印象からするとずいぶんと低いものでした。ソースをみるとrel="nofollow"が大量に使われていたのです。

しかしながら、「ブロ友になって」とは気恥ずかしくなかなか言えない私には不利な話です。言える人は迷わずYahoo!ブログを開設し「お気に入りブログ」仲間を増やし、意図するウェブサイトのPageRankアップを狙いましょう。

検索エンジンサイト登録

検索エンジン登録は新規ページ作成時に毎回役に立つと思います。このページをブックマークされることをオススメします。

Google
GoogleにURLを追加

Yahoo!
Yahoo! Inc. Site Explore - Submit Your Site
(Yahoo! JAPANでの登録は終焉しており、Yahoo! Inc.での登録が可能のですが、IDが必要です。)

Bing
Bing URLの登録

Baidu
サイトURLの登録申請

NAVER
NAVER検索に自分のウェブページを登録するには?


BIGLOBEと@niftyは、ウェブ検索サービスの提供元であるGoogleで手続きが可能です。このようなサービス提供形態は国内の他の多くのサーチエンジンでも行われています。つまり、Googleに登録すれば自然と反映されるわけです。詳しい検証はしていませんが、X-Listing.(クロスリスティング)パートナーは同形態だと思われます。ただし、ブログ検索についてはGoo提供サービスを使用している場合もあるようです。尚、AskはURL登録ページがありません。

SEOの観点からは、サイトURLだけでなく各ページURLもURL登録した方が効果があるといえます。一種の人気投票ととらえる向きもあるからだそうです。しかし、一気に大量登録することは避けた方が無難です。


ところで、新規ページを作成するときの主なSEO作業は以下のようになります。

□ Ping送信 (RSS配信)
□ サイト登録
□ サイトマップXML更新とフィード
□ ソーシャルブックマーク登録

ページ毎に優先度を変える方法

自分のサイト内で、検索エンジン向けにページ毎に重み付けを変えたいと思う場合があります。つまり、特にこのページを検索対象として欲しいとか、ページランクを多く付けて欲しいとかいう意味です。

対象が数百ものアルゴリズムを持つグーグルとかですから、そんな簡単にコントロールできるものではありませんが(何回期待を裏切られたことか)、ある程度そういう傾向に持っていくことは可能です。

1.サイト構造(ディレクトリー構造)
 www.example.com/aaa/bbb/ だとすれば、bbbの内容よりもaaaの内容が優先されます。優先したいものを浅いディレクトリに配置しましょう。
 aaa.example.com とある意味独立させることも有効な場合があります。

2.リンク構造
通常サイトトップが最もページランクが高くなりますから、そこから、優先したいページ(ディレクトリー)にリンクを設置します。また、ページランクの無駄な流出を防ぐために、あまり優先しないページへの直接リンクを止め、サイトマップページなどからの間接リンクに変えます。サイトマップページへはサイトトップからリンクしておきます。

また、リンクタグにrel="nofollow"を加えて検索エンジン評価を無効化する方法もあります。ただし、使用は内部リンクに向けて行うべきで、相互リンクなどの外部リンクには用いるべきではありません。外部リンクに使うくらいなら、その外部リンク自体を削除すべきです。

そして、外部からのリンクを優先したいページにより多く行えば、少ないページよりも優先されやすくなります。この方法は自サイト以外にも有効です。サイト登録型検索エンジンでサイト別情報ページを設置している場合があります。自分の情報ページにだけ、ソーシャルブックマークなどで多くリンクを貼ると、他の情報ページよりも優先されページランクが付く場合があります。

3.sitemap.xml
最もスマートなのは、ウェブマスターツールで利用できるsitemap.xmlファイルを改良することです。残念ながら、FC2ブログではシステム側が自動作成してくれるために改造することができません。とは言いながらも、ブログでsitemapを提供してくれること自体が稀有な存在でありがたいことです。見たい人はURLの後にsitemaps.xmlを付け加えてください(sを忘れずに)。

自動生成しない一般のウェブサイトでは、sitemapファイルを作成しアップロードするわけですが、何で作成するかで便利度が変わります。ウェブ上の公開ツールでの自動生成は手軽で良いのでが細かい設定ができません。そこで私が推奨するツールは、「Website Explorer」です。

対象サイトをエクプロラーさせたら、アプリケーションのツールメニューに「サイトマップXML の作成...」で簡単に作成することができます。ページ一覧が表示されている設定ページでリスト毎に、「作成日時」「更新頻度」「優先度」を設定することが可能です。優先度は相対的に指定するようにしましょう。

例)サイトトップを0.9、他の最優先ページを0.8とし、優先度に応じて数値を下げていきます。とはいってもあまり優先しないページでも0.4以上にしておきたいところです。

wexml.jpg

プロフィール

MSTN

セールスディレクターの視点から関心事を探求するブログ
mstn0128@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。