スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WebmasterToolsとSiteExplorerの設定

XML形式のサイトマップをGoogle、Yahoo!、Bingの各検索エンジンに登録することは、SEO対策の一つです。つい最近ですが「Google ウェブマスター ツール」で、サイトの再認証が必要となったことから、現状を整理してみました。



◆ Google


ウェブマスター ツールで新たに生成された認証用のメタタグをサイトトップページに貼りかえるなどをして再認証させる必要があります。今まではmeta name="verify-v1"から始まってましたが、今回はmeta name="google-site-verification"から始まってます。


ところで、非常に気になる事態があります。このMKGブログについてですが、ウェブマスター ツール上で『robots.txt によりアクセスが制限されています』というページが検出されたことです。記事ページが一つ、記事一覧ページが一つの計2つです。記事ページは迷わず削除しましたが、そうしたら今度は記事一覧ページが制限されたので調査しました。


先ず、FC2ブログ側がユーザーに非通知でrobots.txtを設定しているのかと疑い問い合わせてみました。最初の返答ではGoogleに聞けと冷たく扱われましたが、再度質問を変えて問い合わせたところ、FC2ブログ側では一切ユーザーブログにrobots.txtを設定していないという回答でした。


そうならば、Google側で何かの基準で仮想robots.txt的な所作を導入したのではないかと推測しています。新たな内容重視型アルゴリズム投入の前触れなのかもしれません。あるいは、単なるバグなのか、私の何か解釈ミスなのか現段階では不明です。



◆ Yahoo!


昨年までは、「Yahoo!検索 サイトエクスプローラー」で可能でしたが、サービス終了に伴いカスタムサーチとインフォセンターで情報を得るだけになってしまいました。ここで設定していた認証用のメタタグをサイトトップページから外したり、あるいは、認証用のファイルを削除する必要があります。


本家Yahoo!の「Yahoo! Site Explorer」は利用可能です。本家Yahoo!でIDを別に取得し、同じようにサイトを認証させます。面白いことに認証させると「submitted to Microsoft」と表示されます。日本はGoogleなのに米国はMicrosoftと連携しているんだと今さらながら感じました。



◆ Bing


サイトを認証させるのはGoogleやYahoo!と同じですが、運用が良くわかりません。インデックスには役に立つと思われますが、他は単に統計を表示しているだけのような気がします。MSN / LiveSearchの時とは明らかに異なります。



◆ Baidu


モバイル用のウェブマスターツールが公開されています。PC用はcoming soon...のままです。



◆ 関連URL


  • Google ウェブマスター ツール  http://www.google.co.jp/intl/ja/webmasters/
  • Yahoo!検索 サイトエクスプローラー  http://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
  • Yahoo! Site Explorer  http://siteexplorer.search.yahoo.com/
  • Yahoo!  http://www.yahoo.com/
  • Bing Webmaster Tools  http://www.bing.com/toolbox/webmasters/
  • Baidu(バイドゥ)ウェブマスターツール  http://webmaster.baidu.jp/
  • sitemaps.org - サイトマップとは何ですか。  http://sitemaps.org/ja/
  • MKG(FC2ブログ)のサイトマップXML  http://groupware.blog85.fc2.com/sitemaps.xml

コメント

非公開

プロフィール

MSTN

セールスディレクターの視点から関心事を探求するブログ
mstn0128@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。