スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

livedoor Wikiで危険サイト扱いに - FC2 BLOG注意報!

livedoor Wiki(ウィキ)からのこのウェブサイトへのリンクが、突然全て赤くハイライト表示されました。クリックしたところ以下のようなアラートがでました。

『このリンク先のウェブサイトには、悪意のあるプログラムが仕掛けられている可能性があります。
あなたが今開こうとしているウェブサイトによって引き起こされたコンピュータの不具合、個人情報の流出などについて、弊社では責任を負いかねます。
本当にこのリンクを開きますか?』


何のことが理解不能なので、livedoor Wikiのヘルプを参照してみると以下の記述がありました。

『Q. ページにあるリンクが赤く表示されてしまいます。
A. 最近 livedoor Wiki では、ページのリンクを書き換えられるという、荒らし行為が見受けられます。
荒らし行為対策の一環として、ユーザーの皆様から報告のあった危険と思われるサイトへのリンクは、赤くハイライト表示し、さらにそのリンクをクリックしたら警告画面を出すようにしました。...』



当然のことながら、悪意のあるプログラムを仕掛けることも荒らし行為も行っていません。しかし何の根拠もなく危険サイトに登録されるわけもないでしょうから原因を考えてみました。そうすると意外なことが判明しました。

それは、過去記事の編集を連続して行っていたのです。具体的には、「© mstn」を全ての過去記事に挿入しました。FC2 BLOGの仕様では、新規記事投稿時と過去記事編集時に毎回PING送信されます。PING送信されないようにするためには、いちいち環境設定からPING送信先欄を空欄にしなくてはいけません。私の場合は、面倒なのでそのままにしておきました。

PING送信先にはlivedoorも設定してあります。その結果一定時間内に数十個のPINGが送信されました。この事が危険サイトとされた原因だと思われます。

現在、livedoor Wikiに危険サイト解除を依頼しています。

====

とここまで書いて...ふとこのサイトだけの問題なのか?と思い、他のFC2 BLOGもlivedoor Wikiに登録してみたところ、何と同じように赤くハイライト化されました。livedoor WikiはFC2 BLOGを危険サイト視しているのか、私のWikiサイト上からのFC2 BLOGリンクを対象としているのか不明です。原因も。


追記
3月25日よりFC2ブログから発信されるPing量が急増しているようです。この事がシステム負荷を高めているようで、FC2BLOG全般をスパム扱いしているのかもしれません。懸念していた過去記事の連続編集時のPING送信ですが、私の場合はPingoo!を経由していたので、少なくとも15分に1回の制限がかかっていたようなので原因ではないようです。Pingoo!では、FC2ブログのみを対象にこの制限を設けていたからです。

追記2
livedoor wiki側で、「リンクURLチェッカー」という機能を急遽新たに設け、ON/OFFすることで、ハイライトするかしないかを選択できるようになりました。表示上の問題はカバーできても根本的な問題は解決されていません。IPアドレスでスパム判定しているのではないかと感じます。そうすると本人のせいではなくとも、FC2ブログ上の同じIPアドレスサーバの誰かが問題を起こしただけで、一律連帯責任とされてしまいます。
プロフィール

MSTN

セールスディレクターの視点から関心事を探求するブログ
mstn0128@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。